上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明後日、自宅を流された友人と会う
「いつでもここにいるから帰ってきていいんだよ」という家を無くした友人
奇跡的に両親は難を逃れて無事だった
この先、両親のいるところが帰りたい家になるのだろうと思うと
家は流されたがまだ最悪じゃないなと。

「うちの家は大丈夫かしら?一度も見に行ってないから」と、ず~っと気にしている利用者さんもいる。
自宅は全然大丈夫なところで?と思ったら
その方にとっての自分の家は何十年も行ってないかつて旦那さんと住んでいた家の事でした。
今住んでいる家はきっと「帰りたい家」ではないのでしょう

私はひとつのところにずっと留まるのが苦手
若い時は実家にいてもそこは「帰りたい家」ではなかった
今でも多分そう。
歳をとってボケたら私が帰りたいという家はどこなのだろう
一番、楽しくて安心できるところに帰りたいというのだろうけど
「家」という形のあるものを持たないヤドカリさんの私はどこに帰るというのか?
認知症は人により固執するところも違うから
「帰りたい」もないのかも…

「不穏時はSIONの曲かけてください」かもね
例え、わけわからんくなってもSIONの唄は忘れない自信はあるっ
スポンサーサイト
NEXT Entry
タイトルなし
NEW Topics
2018.5.13 JOY-POPS 仙台darwin
ARABAKI2018 HARRY with THE STREET SLIDERS 35TH ANNIVERSARY BAND
雑記
2017.8.5 かまいたち THE END
アナーキー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KP61

Author:KP61
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。