上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RollingStoneJapan1月号にSIONのインタビューがありますって
おふぃしゃるさんのツイートで知る
わ~ヤバいっ
買いに行かないと、また注文になっちゃうよ~と
慌てて家を出る。
1軒目、近くのブックスナ○ワって本屋さん、結構大きいのにまたしてもないっ(>_<)
なんなんだ~入荷しないのか?!
先月の12月号を探しまわった記憶がよぎる
そうだっ、先月は近所のセブンイレブンにあったから行って見ようと
…ない。
う~む、もう1軒セブンイレブンに寄ってみて、ちょっと遠くの本屋さんに行こう
(実はそのセブンイレブンでクリスマスのお菓子のブーツを買うと子供に約束させられてたの)
でもさ~、そこのセブンイレブンって音楽系の雑誌見た事ないのよね~

…あった!
2冊あったよ!
ウキウキでそのTOSHI-LOWが表紙の本を手にレジへ


私にとっては今年最後のSIONのメッセージになるインタビュー
自分の想いとSIONの言葉とその想いが交差する
これを読んでからのライブなら、気持ちもまた違うだろう
またUNITに行きたくなってしまう(笑)
ライブで出来たズレももとの場所へ納まったようだ
SIONの言葉を見ながら、想いを馳せる
タイトルなしの唄の話
私、始めて聞いた時、やっぱり受け入れられなかった
まだ、そこまで立ち上がれなかったしね
タイトルなしがようやく私の心に響いたのはARABAKIだった
宮古でSIONもあの絶望の光景を見て、心がカラッカラに何かに吸い取られて、それから唄うタイトルなしは以前のものと絶対に違う別物。
宮古にSIONを呼んでくれてありがとうなのである
きっと、その光景を見ないままだったら、私はSIONとズレてしまって離れたかもしれない。
唄ってさ、自分の心と近いから(近く感じるから)共感できて好きでいられるわけでしょ?
昔好きだったけど、聴かなくなった歌手とかはきっと自分とズレて行くから離れてしまう
宮古でのマイナスをからの「恥を知れ」の一節
まだ、わたしの心の中にある
そして、SIONの心の中にも。
そう思ったら、ズレも修正出来たんだね
そして、みんな真面目な感じで終わるところ、最後にふっと笑わせてくれるSION
やっぱり、イイ男だね。
スポンサーサイト
NEXT Entry
タイトルなし
NEW Topics
2018.5.13 JOY-POPS 仙台darwin
ARABAKI2018 HARRY with THE STREET SLIDERS 35TH ANNIVERSARY BAND
雑記
2017.8.5 かまいたち THE END
アナーキー
Comment
No title
きゃー、本のこと今知ったわー。
買うっ。なんだか元気でた。一気に元気でた気ぃする。
表紙もカッチョイイ(笑)
Re: No title
早く買ってきて~!
写真も題字も、もうSIONのはかっちょいいよ!
一番だよ( ̄ー ̄)ゞエッヘン

この記事読んでから
ずっと悩んでたiphoneの着メロ作りに取りかかりました。
もちろんSIONの唄で♪
早く買わなくちゃ!
Re: タイトルなし
いい記事ですよぉ
お楽しみに(^-^)
ゆっくり休んだ
KP61さんの声を
また聞いてみたいな。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KP61

Author:KP61
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。