上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のライブハウス大作戦の始まりは宮古のパワーストックだった

あの震災の日私は七ヶ浜の高台にあるデイで働いていて
遠くに見える津波の現実がわからずに
ただ、施設長のこのまま利用者さんを自宅に帰せないという指示で利用者さんが寝付く21時まで介護をしていた。
翌日は25周年記念のライブで渋谷AXに行くはずだった
まさか、新幹線も止まり、街が壊滅状態になっていて、そんなライブどころじゃなかったなんてその時はまだ知らなかった
その後はもう酷くてね、私もみんなもおかしくなっちゃって…
結局振り替えライブをやった時も東京まで行けるような状態じゃなくて断念
中学の頃から好きでその頃、私を支えていた歌を観に行けない
いつまでこんなまま続くんだろうっていう時に
BLOGで宮古に行くって言ってて、
なんかわからないけどきっと宮古に行ったら逢える!っていう 自信があった
確証もないまま、子供にも「ごめんね、宮古にどうしても行かないといけないから」と半強制的に連れて車で250キロ4時間かかって宮古へ。
それが宮古のパワーストックだった
シークレットライブだったらしく、そんなのに外部の私が行ってしまって良かったのだろうか?とも後で悩んだんだけど
あの、宮古の心から楽しんでいる笑顔を見て
本当に音楽ってすげえって思ったんだよね
東北ライブハウス大作戦を知ったのも西片さんのツイッターだったかな?
あの震災で何もなくなった所にライブハウスが建って笑顔で溢れる街になるんだって思ったら凄い企画だと思った。
誰かに建ててもらうんじゃない、自分たちで建てるライブハウス!
それは私が思う復興の形でもあった。
私は被災地にいるけど家を流された被災者じゃないし家族も失っていないしたまたまそんな中心で仕事をしているだけだったけど、デイでは福祉避難所ってやつに登録されていたために役所から普通の避難所では暮らせない高齢者さん達が回されてきてて(役所から何の連絡もないのにこちらが避難所って聞いてと高齢者を連れた家族がやってきて置いて行くような…)
ある時役所から支給でおにぎりを出すので取りに来てって連絡あったから取りに行ったらね、役所の人が8人くらいでおにぎり握ってるの。何人分をたったそれだけで握るの?って感じで一日中握っているらしく、「ごめん、手伝って貰っても良い?」って聞くからもちろんてつだって、小1時間くら手伝ったのかな?全く終わりも見えないんだけど「もういいよ~ありがと~」って配給分を貰って帰ってきたんだけどね、「初日はおにぎりでも喜んでくれたのに最近はまた?みたいな感じなんだよね」って聞いてなんか違うよなって思った。そのおにぎりを握っている職員さん達だって被災者だろうし、あの避難所の中には確かに家を流されたり大変な人がいるけど、でもおにぎりを握れないわけじゃないよね?貰うだけなの?自分の力で立ち上がろうよ!って想いがずっとあった。

瓦礫の山の中を通るうちに、段々その光景が日常になってしまい
でもそれだけでも心の元気が吸い取られてしまい正常な心を保つために歌が必要だった
七ヶ浜震災
でも、ダメになっちゃった。20年好きだった、心を支えたものは私が思ってたようなものじゃなかったんだと思う。
震災がなかったら多分今でも好きだったと思うけど、どっかで狂っちゃった、私か貴方か二人ともか…
そんな暗闇の中にいて光も見えない時に東北ライブハウス大作戦だったからね
西片さんのつぶやきに前に進むパワー貰って心酔したよ
今本を読んで大変だったんだろうし、その言葉はきっと自分を奮い立たせるためのものだったんだろうなって思ったけど
少なくてもその言葉で私は救われたな
ああ私も頑張らなくっちゃなって
それから幡再に参加し始めて
BRAHMANの音楽には救われたな~
見えているものが同じ、感じるものが同じ、それでちゃんと行動している


宮古から始まり、ライブハウスが出来る様子を子供のようにわくわくしながら見続けてこけら落としも行きたかったけど、やっぱ地元民にライブハウスに行って欲しいなと思ってチケット取らなかった。あの街に笑顔が音楽が今日も溢れるんだって思うとそれだけで嬉しいよ
ライブハウスを作って終わりじゃない
まだまだ続く東北ライブハウス大作戦
自分に出来る事は少ないけど、それでもやらないのとやるのでは全然違うんだよね
なかなか行けないんだけど、また必ず行くから!




もう時効かな?

TOSHI-LOWが殴られたように私は仮想空間で殴られたわけね

12月に仙台でライブしたSIONを観に行って「砂の城」を唄って、サビをオーディエンスに歌わせたことに私はがっかりしちゃって…
震災を思い出すような歌詞「で波に流されて崩れ溶けてだからまた作る、それが好きだから」という部分がね、誰も好きでやってんじゃねえよ!って思ったしそれをそのまま歌ってしまう無神経さにがっかりした
全然楽しくなかったとメールしたらね
今まで私が送ったメールを全部返してして「なんで?」ってメールしてもそれも無言で返すっていう。。。
こっちがいくらどういう意味、想いでそういう事を言ったかをメールしても無言で突き返す
ハラ割って話す気も聴く気もないってことだね
それでいて雑誌のインタビューには震災の事私が指摘したような事を自分で考えた話として喋ってた
20数年好きだった唄うたいはそんな人だったのかと
自分は何を見ていたんだろうってちょっとおかしくなっちゃった
きっと宮古の時らへんに言っていた言葉もTOSHI-LOWの言葉だったんじゃないかな?
プロジェクト賛同アーティストにも居ないしね。。。
あの宮古のパワストに参加してステージの上から見えていたものは
きっと私達とは違うものだったんだろう

「音楽に何の力もない」なんてことは無い
晒して曝け出して溢れだすほど伝える歌には力があるんだよ
スポンサーサイト
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
訃報
NEW Topics
2017.4.1 かまいたち 狂乱舞踏
1.14 かまいたち独罰視姦 新宿ロフト
訃報
東北ライブハウス大作戦 読書感想文
2014ほりんピック!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KP61

Author:KP61
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。